●アメリカのエアコン事情

 

今年の日本は暑いようですね。熱帯夜も頻繁にあるのではないでしょうか。エアコンは東京で生活するには欠かせないアイテムとなっていると思います。仕事を終えて帰宅ラッシュに揉まれ、ようやく我が家に辿り着いて、先ず最初にする事はエアコンのスイッチを入れる。そういう人も少なくないと思います。
さて、今回は、エアコンの話を書きます。エアコンと言っても、もちろんアメリカのエアコンです。これもなかなか日本と勝手が違う物で、動作音はやたらうるさく電気も馬鹿食いする割に、肝心の冷えが甘い。単なる電気騒音発生機と言っても過言ではない代物。 と、良く揶揄されますが、ほとんど当たりです。その原因のひとつとして、日本で一般的な室外機&室内機のセパレート方式の物はアメリカでは主流ではなく、一体型のもので、壁に埋め込むタイプが主流なのです。室外機の部分までエアコンの後部にくっ付いている事が騒音の発生源のひとつとなっています。あとは、アメリカ人は大らかなので、あまり音を気にしないという性格なのでしょう。

まあ、それは仕方のない事ですので、購入する際に注意する点を書きます。 アメリカの冷房能力の単位表示は BTU (British Thermal Unit) という英国の規格を使っています。日本のメーカーでは、「X畳用」などと畳の広さで表現していますが、カタログをよーく見ると Kw (キロワット) で表している事がわかると思います。実際には Kw を畳の広さで換算して消費者に判りやすいように表現しているのですね。
で、日本人に馴染みのある換算法でアメリカのエアコン能力を比較してみます。

畳数 面積(平米) Kw/時 BTU/h
6〜9 10〜15 2.2 7500
7〜10 11〜17 2.5 8500
8〜12 13〜19 2.8 9600

と、こんな形になりました。畳数とKwの関係は日本の標準的なメーカーの数値を使用しています。畳の面積は京間だとか団地サイズとかで変わりますが、標準的には一畳=1.8m×0.9m≒約1.62uとなります。
アメリカのエアコンは、ショップで見てみると大体、5000〜10000Btu が標準的なようです。Btuをチェックせずに値段が安いというだけで買っても「なんか全然冷えないなぁ」という事になってしまいますので、注意が必要です。本体が大きいから冷房能力も大きいと思い込むのも禁物。特にアメリカの製品は図体は大きめですよ。

最近、カリフォルニアは経営危機というのもあって電気代が高くなっていますが、東京と比べるとまだまだ半額程度。しかし請求は東京並み!どうしてでしょうか?
答えは、アメリカの電気製品が電力ガブ飲み状態というのが原因です。
日本の某社の省エネエアコンは 7500Btu/h の冷房能力を出すのに 365W の消費で済みますが、アメリカの某社のエアコンは 5000Btu/h の冷房能力なのに 625W!ほぼ2倍の電力消費をしているのです。資源の無い国、日本。だからこそ地球にやさしいという面を持っています。豊富な資源を持つ国アメリカも、資源は無限ではありませんよ。
ただし、エアコンの値段は安い。この前出のアメリカエアコンは$129。とにかく安くないと売れないという構図が背景にあるのですね。日本のような様々な機能や省エネ設計にして商品の価格が高くなるとアメリカでは売れません。エアコンであれば冷えれば良し!という消費者ニーズから変える必要があるので、メーカーも辛いところですね。でも、つくづく電気製品は日本製に限る!と思っているくぱちでありました・・・。 (2001/8/18)

トップページに戻る